本の購入・定期購読のお申込み
twitter
facebook

旅行読売出版社トップ › 臨時増刊・MOOK・書籍 › 駅舎のある風景

臨時増刊・MOOK・書籍
        
        

駅舎のある風景 〜人と時が描く鉄道物語〜

        

駅旅写真家がつむぐ駅舎の物語

駅旅写真家・越 信行さんが月刊「旅行読売」で連載中の「駅舎のある風景」を再編集し1冊にまとめました。旅情あふれる無人駅や、昭和レトロな木造駅舎など、全国から厳選した62駅の物語をお届けします。

Lline1

駅舎にまつわるルポやコラムも

巻頭ルポは猫駅長が迎える和歌山電鐵貴志川線の貴志駅。100年前の面影を留める「百年駅舎」や「一度は訪れたい絶景駅」の案内など、様々な角度から駅舎の魅力を伝えます。

Lline1
ご購入方法はこちら
駅舎のある風景

2021.6.28発売
定価 1430円(税込)

目次

目次

駅舎のある風景を、写真と文章、イラストマップで紹介。

誌面1
    
誌面2
    

巻頭企画  猫駅長が迎える 貴志駅(和歌山電鐵貴志川線)

特別企画@ 「百年駅舎」に魅せられて

特別企画A  一度は訪れたい絶景駅

   
バックナンバー
井沢式 新ニッポン風土記 西日本編

2021.5.31発売
定価 1320円(税込)

井沢式 新ニッポン風土記 西日本編

作家、歴史研究家の井沢元彦さんが、江戸時代以前の旧国に焦点を当て、
独自の視点で各国の気候風土や歴史を紐解いていく井沢版『人国記』。
西日本編は五畿、山陽道、山陰道などを取り上げます。

        
        
バックナンバー一覧はこちら
        
このページのトップへ